【図解で簡単】電動自動雲台のセッティング~!

一眼レフカメラを用いて、高精細なパノラマ撮影を行う

電動自動雲台につきまして、ご紹介したところ。。

 

少しだけ、評判が良かったので(^^)

 

今回は、初期動作と画面機能について簡単に!

ご紹介させていただきます。

f:id:a-shige828:20171205104646p:plain

【電源 ON/OFF】

操作画面下部のボタンを

長押しする。

電源の起動とともに、アームが90°動きます。

注意が必要です。

f:id:a-shige828:20171205104746p:plain(電源OFF状態)

   ↓

f:id:a-shige828:20171205104815p:plain(電源ON状態)

 

【画面機能について】

f:id:a-shige828:20171205104855p:plain

f:id:a-shige828:20171205104936p:plain 選択している撮影パターンの表示

f:id:a-shige828:20171205104949p:plain 撮影パターンの変更

f:id:a-shige828:20171205105016p:plain 撮影開始(スタートボタン)

※撮影開始と同時に、画面表示が切り替わります。

 

f:id:a-shige828:20171205105107p:plain

f:id:a-shige828:20171205105126p:plain 撮影中止(エンドボタン)

f:id:a-shige828:20171205105153p:plain 一時停止(ポーズボタン)

※一時停止と同時に、ボタン表示が切り替わります。

 

f:id:a-shige828:20171205105301p:plain 撮影開始(再開)

f:id:a-shige828:20171205105331p:plain カメラ位置をひとつ前に戻します。

 

【撮影パターンの登録(追加)】

f:id:a-shige828:20171205105509p:plain

ディレイ秒数を変更したい元の撮影パターンをあらかじめ選択。

(カメラと撮影枚数を基準に)

画面上部の撮影パターン名をタップします。

 

f:id:a-shige828:20171205105605p:plain

【copy】をタップします。

※基本撮影パターンを複製し ポーズ秒数だけを変更します。

 

f:id:a-shige828:20171205105647p:plain

元の撮影パターンが複製されパターン名が変わったことを確認後

画面の中央をタップします。

 

f:id:a-shige828:20171205105741p:plain

Edit P*/ページ2からポーズをタップします。

※スピード設定は、あくまでアームの回転する

  スピードを示していますので、シャッターと

  連動した動作の時間調整をしたい場合は

  ポーズ設定から行います。

 

f:id:a-shige828:20171205105842p:plain

シャッターを切る事を中心に

ポーズ前…回転し所定角度についてから

        ○秒後にシャッターを可動する。

        三脚の揺れが収まるまでの時間

ポーズ後…シャッター可動後

        ○秒後に回転を開始する。

        シャッタースピードに合わせた時間

それぞれの数値(秒数)を選択します。

 

f:id:a-shige828:20171205105935p:plain 緑印で確定

f:id:a-shige828:20171205110005p:plain 赤印で終了

 

数値を入力後、最初の画面が表示されるまで

上記ボタンをタップします。

※このアクションが判りづらいのですが。。。(苦笑)

 

【撮影パターンの追加】タイマー秒数の変更

f:id:a-shige828:20171205110143p:plain

Edit P*/ページ3からタイマーをタップします。

 

※タイマー設定(秒数)をすると、1枚目の撮影が

  始まるまでの時間を指定することが可能です。

  1枚目の撮影位置にアームは通常通り稼働しますが

 シャッターは指定秒数経過後に切れます。

 

f:id:a-shige828:20171205110300p:plain

必要な秒数を入力します。

 

f:id:a-shige828:20171205105935p:plain 緑印で確定

f:id:a-shige828:20171205110005p:plain 赤印で終了

 

数値を入力後、最初の画面が表示されるまで

上記ボタンをタップします。

 

ワンポイント

 「三脚の揺れが収まるまでに時間を要する場合」

 「長時間露光での撮影が必要な場合」

 「撮影担当者様が隠れるのに時間を要する場合」など。

  上記の場合に、基本撮影パターンの複製(追加)・変更をしてください。

 

【充電について】

本体部に充電ケーブルを指すことで、充電が可能です。

※充電時は、本体の電源を切ることを推奨されています。

f:id:a-shige828:20171205110519p:plain充電機側(イメージ)

 

f:id:a-shige828:20171205110558p:plain本体側(イメージ)

 

いよいよ

【カメラセッティング】

三脚にラウンドショットとカメラをセットします。

f:id:a-shige828:20171205110657p:plainセットするとこんなイメージとなります。

撮影ポイントに三脚をセットします。

三脚の高さは自由ですが、地面と天井の中間にカメラがくる高さを推奨します。

 (極端に天井や床が近くなりますと、写真結合時に不具合が生じることを防ぐ)

 また、水平に三脚を固定することも心がけると仕上げが容易となります。

f:id:a-shige828:20171205110857p:plainセットすると全体像は、こんな感じ!

 

ご要望がありましたら

次回は、撮影(詳細)について書いてみようかと。。。

 

 

Copyright (C) 2018 a-shige All Rights Reserved.