【図解で簡単】電動自動雲台の活用~!

パノラマ画像には、簡易なお手軽ワンショット360°カメラから

一眼レフカメラを使って、複数枚の撮影画像を結合して作るものまで

さまざまありますが、複数枚(膨大な数)を撮影する場合、手動では

限界もあり、電動自動雲台を使いますが。。。。

 

簡単にご紹介だけ。。。

スイスのseitz社の製品となります。

「Roundshot(ラウンドショット)VR Drive」

 

各部の名称から

f:id:a-shige828:20171204120339p:plain

 

f:id:a-shige828:20171204120404p:plain

1.X軸駆動部(本体)

2.表示画面(タッチ操作)

3.電源ボタン(ON/OFF)

4.Y軸駆動部

5.クイックアダプター

6.クイックアダプター調整ネジ

7.L字金具固定開閉ネジ

8.L字金具

9.ノーダルバー

10.ノーダルバー固定開閉ネジ

11.レリーズケーブル

12.USBケーブル(オプション)

13.Y軸駆動ケーブル

14.水準器

15.三脚ネジ穴

16.Y軸起動部(正面)

17.Y軸バー

18.リモコン(ラジオ)受信部

 

 

f:id:a-shige828:20171204120429p:plain

19.Y軸駆動ケーブル挿入位置

20.充電ケーブル挿入位置

21.レリーズケーブル挿入位置

22.USB

23.イーサネット

 

 

VRドライブの組立

 

クイックアダプターの回転

箱からの出し入れ時にはL字金具固定開閉ネジは右側にあります。

 クイックアダプター調整ネジを緩め、クイックアダプターをL字金具固定開閉ネジ

 が背面の中央にくるように90°回転させ、調整ネジを締めて再度固定します。

※L字金具が水平に装着できるように!

 

f:id:a-shige828:20171204121225p:plain 

f:id:a-shige828:20171204121252p:plain

 

カメラをノーダルバーへ装着(カメラ共通)

ノーダルバーは前後2つにガイドが分かれております。

※銀色のストッパーが初期時末端に固定されている側をカメラの背面と合わせます。 

 

初期時にネジが入っている方のガイド上、一番中央に寄せた状態

カメラの三脚ネジ穴と固定します!

 

その際、カメラとノーダルバーが垂直になるようにします

f:id:a-shige828:20171204121423p:plain

 

f:id:a-shige828:20171204121440p:plain

 

L字金具とノーダルバーの装着:例 Nikon D810

 

装着部詳細(L字金具側)

 

本体表示画面を正面に向き合い

L字金具の直角部が右側にくるように

96mm

の目盛がクイックアダプターの中心線に

重なるように固定します。

f:id:a-shige828:20171204121711p:plain

 

装着部詳細(ノーダルバー側)

 

カメラとノーダルバーを所定箇所で固定し

レンズ部分を上に向けた状態で

35mm

の目盛がノーダルバー固定位置の

中心線に重なるように固定します。

f:id:a-shige828:20171204121759p:plain

 

ケーブルの装着(Y軸駆動ケーブル)

まずY軸駆動ケーブルを本体とY軸駆動部に挿入します。

 お互いの“MOTOR”と記されている箇所へ接続ください。

 

f:id:a-shige828:20171204122045p:plain

 

f:id:a-shige828:20171204122058p:plain

 

【装着部詳細(MOTOR)】

 

f:id:a-shige828:20171204122136p:plain

 

f:id:a-shige828:20171204122149p:plain

 

ケーブル装着(レリーズケーブル)

つぎにレリーズケーブルを本体とカメラに挿入します。

 ケーブルは使用するカメラに合わせて

 差し替えて使用します。

 ※金色金具より先を差し替えて使用します。

f:id:a-shige828:20171204122346p:plain

 

f:id:a-shige828:20171204122357p:plain

 

【装着部詳細(CAM)】

f:id:a-shige828:20171204122429p:plain

 

 

f:id:a-shige828:20171204122439p:plain

 

 

慣れてしまうと簡単なのですが、初めての時には

結線が面倒かな。。。というレベルです。

 

【これを使うポイント】

なんといってもバッテリー(充電式)のもちが良い!

(※屋外撮影だと、丸一日充電できなくともへっちゃら)

 

 撮影角度、枚数の設定がカメラごと、細かく出来る!

 

ご要望があれば、次回は設定と操作について

ご紹介させていただこうかと。。。。

 

【ご参考までに】 

同様の機能を持つ、比較的安価なモノ:例

 

 

 

Copyright (C) 2017 a-shige All Rights Reserved.