パノラマ撮影の基礎 いざ撮影~!

昨今、ワンショットで撮影可能な「360°カメラ」が人気ですが

綺麗さを求める場合は、まだまだ一眼レフカメラ・・・

レンズ交換式のカメラであれば、ミラーレスも

 

f:id:a-shige828:20171126143901p:plain

 

撮影

 

1)撮影ポイントの環境に応じたWB(ホワイトバランス)を

 設定します。

 

■電球

■蛍光灯

■晴天(※困ったら、おすすめ)

■曇天

■晴天日陰

 

から、撮影ポイントに適したホワイトバランスを選択し

設定してください。

(場合によっては、詳細設定から色調の微修正も可)

 

※ライブビューウィンドウで確認しながらだと

 わかりやすいのでおすすめです。

※どんなに暗い場所での撮影でも、フラッシュ撮影は厳禁です。

(暗所には、シャッタースピードを遅くして対応)

 

 

 2)撮影ポイントの環境に応じたシャッタースピード(露出)を

 設定します。

 

撮影ポイントからみて、明るい場所・暗い場所の両方に向けて

同じシャッタースピードで試験を行い、360°全方位が適度に写る

露出を設定してください。

 

撮影ポイントの光源に大きく左右されるところなので

目安の数値などを記載することができませんが。。。

何枚も撮影し、ちょうどいいところを探してください。

 

 ※『ちょっと暗いな…』と思ったら、 シャッタースピードを

 遅く(小さな数字に)

 

 ※『ちょっと明るいな…』と思ったら、シャッタースピードを

 速く(大きな数字に)

 

撮影は、慣れ。。

さまざまなシーンで、どんどん練習してみてください!

 

【参考】

カメラ設定のポイント

…画像サイズ

…画質

…色空間

…ピクチャーコントロール(ピクチャースタイル)

…アクティブDライティング※

…測光モード

…露出ディレーモード(ミラーアップ撮影)

…縦横位置情報の記録※

…撮影モード

…ISO感度

…F値(絞り)

…ピント

 ※カメラメーカーにより、表現は多少異なります。

 

【フルサイズ一眼:組み合わせ例】(D850品薄なので、D810がおすすめ)

 ※もちろん、フルサイズでなくとも構いません。APS-C構成だと、レンズ長が変わりますが。

 

次回は、設定や機材詳細、実運用などについて、ニーズがあれば

もっと詳しく記述してみようかなぁ。。。。

 

 

Copyright (C) 2017 a-shige All Rights Reserved.